Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法

Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法

Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法



Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法 / 城福浩 (著)

監督はどのようにチームを作り上げるのか?
現役プロ監督が初めて明かす!!


監督はどういったことを思考し、どのように決断を下しているのか。
ヴァンフォーレ甲府で指揮を執る城福浩監督がFC東京監督時代、U-17日本代表監督時代に培われたものを実例として、チームを躍動させる“ロジカルな思考法”を公開する。
監督の立場で考えると、サッカーはより深く見えてくる。


Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法

【組織を躍動させる“思考ロジック”】
 ○補強とは、一刻を争う情報戦の世界
 ○選手が立ち返る場所"スタンダード"を示す
 ○ボジションの確約は絶対にしない
 ○試合の翌日に考えるのは、控え選手のこと
 ○選手交代は、守備面も考えながら行う
 ○プレッシングで守備のスイッチを入れる
 ○ショートカウンターで相手が拡散した隙をつく
 ○ハーフタイムで話せる時間は3、4分

【目次】
 PROLOGUE 監督とは――重圧と歓喜の狭間で
 CHAPTER1 チーム編成論
 CHAPTER2 マネジメント論
 CHAPTER3 采配論
 CHAPTER4 戦術論
 CHAPTER5 育成論

Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法

■■■ 本書プロローグより ■■■
監督というのは、孤独な職業です。
監督は現場におけるすべての決定権を握っています。
だからこそ、そこで起きるすべてのことに対して、監督は責任を負わなければなりません。(略)
選手をメンバーから外せば、選手生命を脅かすことにもなり得ます。
結果が伴わず、チームが低迷すれば、コーチングスタッフやクラブスタッフの生活さえ脅かしてしまうかもしれません。
しかし、だからこそ、成功したときの喜びは格別です。
あの爆発的な喜びを一度でも味わってしまうと、監督という職業が病みつきになってしまいます。

Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法


posted by soccer-progress at 23:15 | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。